ドリンクタイプの精力剤って効果的なの?

精力剤は大変バリエーションが豊富で、それぞれにメリットとデメリットがあります。昔は精力をつけるならスッポンやマムシなどを無理して食べていたかもしれませんが、今はサプリメントや栄養剤と同じ感覚で摂取できるため、気軽に絶倫も目指せるようになりました。

ちなみに精力剤の形状でメジャーなものと言えば、錠剤タイプとドリンクタイプですね。錠剤タイプがもっともポピュラーであり、値段も手頃なものが多く、迷ったらこれを買う人がほとんどでしょう。実際に人気の製品もほぼ全てが錠剤タイプで、初心者にもおすすめです。

そうなると「ドリンクタイプの精力剤って錠剤よりも効果が強そうだけど、本当に無意味なの?」と気になるでしょう。今回はドリンクタイプの特徴を説明するので、興味があるなら読んでください。錠剤タイプをお飲みの人も、一度は確認してみましょう。

まず、錠剤よりも吸収しやすそうというイメージ通り、すぐに成分が体に浸透します。精力剤に含まれるアルギニンや亜鉛といった効果的な成分が浸透しやすいと考えたら、すぐにギンギンになりそうですよね?

ですが、すぐに勃起するようなドリンクはありません。というのも、精力剤にて摂取できる栄養が効果を発揮するには、体質変化のサイクルを経ないといけないからでしょう。健康食品の多くが『3ヶ月ほどお試しください』と書いているのには、体質が変わる周期だからというのが関係しているのです。

なのでドリンクタイプでもある程度の継続が必要ですが、ここでネックになるのが価格です。薬局などで売られているドリンクを見ると分かりますが、どれも1回分の価格が錠剤よりも大幅に高く、瓶に入っていることから収納性も悪いですね。

そのため、いくら効果のある精力剤であってもリピートされにくく、ほとんどの人は錠剤タイプを選ぶのです。こうして書くとドリンクタイプの利点を感じられませんが、『こういった製品の効果が出やすい人』であれば、多少のメリットがあります。

効果を実感しやすい人は大抵の製品で即効性も感じやすく、「今から彼女と会うし、飲んでおこう!」といった使い方をするなら、錠剤よりも効果があるでしょう。プラセボ効果もあるでしょうが、そう思わせる力があるのはドリンクタイプならではです。

総じて、ドリンクタイプよりも錠剤タイプのほうがメリットも多く、ドリンクを優先する必要性は低いでしょう。ここ1番以外は錠剤タイプのほうが使いやすいため、ドリンクタイプは補助としてごくまれに飲むのがいいかもしれません。